【恋愛相談】20代女性~代々お見合い結婚の家庭に生まれた苦悩…結婚したのに幼馴染が忘れられない。【恋愛の悩み】

20代女性恋愛の悩み

 

恋愛経験豊富な当サイトのライター達が、恋する女性の恋の悩みに答えます!

寄せられた恋愛相談の内容は実にさまざま。

あなたと同じような悩みを抱えている人がいるかも…?

 

家の方針でお見合い結婚したけど…一度付き合った幼馴染のことが忘れられない。

 

【ニコさん/29歳/結婚している】

 

私はお見合い結婚をしました。

というのも、私の家系は現在では珍しく母や祖母は勿論、叔母や従姉妹も皆お見合い結婚なのです。

とても厳しい父は、恋愛結婚に否定的で私が物心ついた時から「お見合い結婚するんだぞ」と言われて育ちました。

なので、大学を卒業してすぐに届き始めたお相手の釣書を前にしても驚きはあまりありませんでした。

 

しかし、心には引っかかることがありました。

私には小学生からの男性の幼馴染がいて、彼とは一度お付き合いもしましたが、我が家の事情を話していました。

なので、お付き合いの先に結婚が期待できないことは了承しての不思議なお付き合いでした。

田舎ですので、私の父が厳しく、怒ると手をつけられないことは有名で、彼もよく知っていたので、お見合いをするに際して、お別れしたのです。

 

そして今、実際にお見合い結婚をして、誰にも話せないのですがいまだ幼馴染の彼のことを想って苦しいです。

しかし、結婚してしまった事実は重すぎて、彼への想いをどうして良いのか分からないのです。

今は、夢に彼が現れたり、お付き合いしていた時に交換した手紙を見て些細な幸せを感じています。

ニコさん

 

ライターみなみからのアンサー

 

『家の方針を重んじるなら彼への想いは胸にしまっておいて』

 

みなみ

【ひそかに想うだけなら良いのでは?】

 

ニコさんは代々の家の方針でお見合い結婚されたのですね。

ニコさんのお母さん含め、従姉妹もみんなお見合い結婚というのは、確かに珍しいかもしれません。

とはいえ、地域などで文化のちがいはありますから、物心ついたころからお見合い結婚すると言われて育てられ、そのとおりに結婚したということですね。

 

でも、一度お付き合いした幼馴染の彼のことが忘れられないのですね。

これは難しい状況ですね。

 

もしもの話ですが、彼への想いが消せなくて、どうしても彼と一緒になりたいというなら、ニコさんは離婚するということになります。

ニコさんにとって離婚の意味は、一般的な既婚者にとってのそれとはちがいます。

わかっていると思いますが、厳しいお父さんや親戚を裏切ることになってしまいます。

 

でも、きっとニコさんはその重さをわかっているから、夢に彼氏が出てきたり、手紙を見てその頃を思い出して幸せを感じるだけに留めているんですよね。

 

だから、苦しいんですよね?

 

やっぱり、代々お見合い結婚である家の方針をくつがえすことはちょっと…と考えるのであれば、この先も彼への想いはニコさんの胸にしまっていてください。

もしかしたらですが、ニコさんのお母さんやおばあさんも、同じような体験をしているかもしれませんね。

でも、それを語り合えるような雰囲気ではないと思いますが…。

 

ニコさんの今の状況は簡単に変えられるものではないです。

でも、ひそかに彼を想うだけであれば悪いことはしていないと思います。

 

いつか、ニコさんの気持ちの整理がついて、少しでも納得して自分の人生を歩んでいけるときが来ることを祈ります。

 

まとめ

 

いつか、お母さんたちと女同士で打ち明け話になることがあるかもしれません。

そのとき、ニコさんが笑って話せるようになっていたら良いなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です